バストアップ方法の一つであるマッサージの効果

バストアップしたいという場合には、美容クリニックなどで行なわれている豊胸手術が一番確実にバストアップすることのできる方法です。

しかし、この方法では費用がかかってしまったり、失敗などをしてしまうリスクが伴います。リスクがなく、安全にバストアップしたいという場合にはセルフケアが有効です。

バストアップ方法には、様々なものがあります。規則正しい生活でホルモンバランスが整っていることが前提で、バストアップに効果的な食材を積極的に摂るようにしたり、胸を大きくする効果のある女性ホルモンの分泌を促したり、女性ホルモンに似た働きのする成分の入ったサプリメントを利用する、正しいサイズの下着を正しく身につける、胸の土台となっている大胸筋を鍛えることも有効です。

また、手軽に行えるバストアップ方法として人気なのがマッサージによるケアです。

マッサージをすることによって、胸に溜まっている老廃物をスムーズに除去することができるようになり、血行が良くなることで女性ホルモンや栄養を胸に送りやすくなります。

女性ホルモンや栄養が行きやすくなることによって、バストアップに必要な胸の乳腺の発達を促すことができます。バストアップクリームで人気なのは「ラ・シュシュ」です。

バストアップマッサージは簡単です。入浴後などの体が温まった状態は血行が良くなっているため、老廃物が流れやすくなると考えられています。

始める前にはコップ一杯の水を飲むことでリンパが流れやすくなります。まず、肌に負担をかけないために美容オイルやクリームなどを塗った後、手をバストの内側から外側に滑らせていきます。

胸の谷間から胸の下、脇の方へ円を描くように行います。左右10回程度を目安に、脇の下にあるリンパも意識します。

次にバストの下からすくい上げるように左右の手で交互に上へと持ち上げます。これも左右10回行います。

最後にバアストップから顎の下までを下から上に向かってリンパを流していきます。左右10回を目安に行います。

また、ツボを押してマッサージするのも効果的です。バスト周辺の血行や代謝を促す効果のある膺窓は乳頭と鎖骨の中間ほどにあるツボです。

蒸しタオルなどで温めて血行を良くした後に、刺激するとバストアップ効果が得られます。押し方としては、人差し指と中指を揃えて押すと良いとされています。

このツボと一緒に押すと効果的なのがおくえいというツボです。膺窓よりも肋骨1本ほど上にあるツボで、この二つのツボを一緒に刺激することによって女性ホルモンの働きが活発になり、胸の血行が良くなります。

乳頭のライン上にあるバストと胸部の境目、乳房の輪郭線の脇にある天渓は乳腺を刺激する効果があり、バストラインを整える効果があります。骨と骨の間にあるため少し痛みがありますが、左右のツボを同時に下から押し上げるように押すと効果的です。

リンパの流れを良くするには、中府が良いとされています。リンパの流れが良くなることによって栄養が回りやすくなるためバストアップにつながります。

女性ホルモンに有効なツボは背中にもあります。上背部の後正中線上の第3胸椎きょく突起の下のくぼみある身柱というツボで、女性ホルモンに働きかけるだけではなく、新陳代謝を向上させてダイエット効果を得ることができるとされ知恵ます。

女性ホルモンの分泌を促すには、お腹にあるツボも有効となります。ヘソから指2?3本分外側にある天枢というツボは、内臓全般の働きを活性化させることができ、ホルモン分泌を促すだけではなく、刺激することによって便秘などを改善することにもつながります。

バストアップ方法には様々あものがあります。

特にマッサージは様々な方法があり有効な方法ですが、あまり強い力でやってしまうと逆にリンパの流れが悪くなってしまうことも考えられるため、気持ちが良い程度の力でマッサージを行うことが大切です。

また、肌にダメージを与えるのも胸が垂れ下がってしまう原因となってしまうことから、肌に潤いを与えるために保湿ケアのできるクリームやオイルを利用するのも良いとされています。

バストアップクリーム「ラ・シュシュ」は、胸を大きくする成分の他にも豊富な美容成分や保湿成分が含まれているため、サイズアップ以外にもいろんな効果が期待できます。

また、ツボを押す場合もまり強い力でやってしまうのもリンパが悪くなってしまう原因の一つになります。ツボを押す場合にはいた気持ちい程度の力で行っていきます。

胸を大きくするためには、まず生活を整えることが重要となります。

しっかりした睡眠をとるようにして規則正しい生活を行い、食事もバストアップにつながる鶏肉などのタンパク質を摂るようにし、女性ホルモンに似た働きのする豆乳などバストアップにつながる食材をバランス良く摂取していくことが大事です。

運動はバストアップに効果的な体操など様々なものがあるため、自分にあった長く続けられる運動を行います。

下着のサイズも合っていなければ胸に負担がかかってしまうことになるため、自分のサイズにあったものを手に入れて正しい方法で身につけるなど、毎日ケアしていくことがバストアップには必要です。