育乳マッサージがバストアップに効果的!

 

バストアップに効果的だといわれているのが育乳マッサージです。バストが小さいことや形が悪いなどバストに関して不満や悩みがある女性はたくさんいます。

よく高い育乳マッサージサロンでないと効果が出ないのではないかと思いますが、しっかりとポイントを抑えることで自分でも簡単に出来て理想的なバストを目指せます。

育乳マッサージをしても効果が出ないのは実は間違った方法が原因です。
自宅でも簡単に出来ますが効果が出にくいなど、よく失敗してしまうこともあります。

失敗する原因は力を入れて揉んでしまうことでバストの大切な脂肪が燃焼してしまうためです。乳腺や脂肪組織、コラーゲン繊維束であるクーパーじん帯でバストは出来ていて、それを大胸筋が支えています。

脂肪組織を優しく扱うことでふっくらとしたバストが作れます。

バストの大きさに関係しているのは乳腺で、乳腺は女性ホルモンの影響を受けるので女性ホルモンのバランスを整えながらマッサージをすることで効果的に乳腺も発達してバストアップが期待できます。

バストアップには女性ホルモンを整えて乳腺を発達させることが重要ですが、ただ揉めばよいのではなくてポイントを押さえて正しく行なうことで効果を感じるようになります。

育乳マッサージは乳腺を発達させる以外にも、胸周りの老廃物を流せるので血液や栄養がバストに届きやすくなります。

胸周り以外にも肩甲骨や脇を意識して行なうと、リンパの流れを促すのでさらにバストアップにつながります。

力を入れないでバストを守るように優しくさするような感じで、毎日少しずつ続けるのが良いです。簡単な育乳マッサージの仕方です。

最初に鎖骨をくるくるとさすります。鎖骨から肩に向かい鎖骨リンパマッサージをします。鎖骨に2本の指をあてて優しく外側に向かいくるくるとさすります。

鎖骨のリンパ節は全身のリンパ節が集まる場所で、最初にここを開通させることでほかの部位の効果も上がります。

次に脇の下を優しくほぐします。脇の下からバストに向かって優しくマッサージをして、リンパの集まるところなのでリンパ節のある脇の下をほぐしながら脇に流れた肉をバストに戻すような感じでさすります。

そして二の腕から脇の下、バストへ向かってリンパをほぐします。片方の腕を上げてからもう片方の手で二の腕の肉をバストに流す感じでさすっておろします。左右20回ずつします。

それから背中の肉をバストに集めます。脇の下に手を入れて肩甲骨の方からバストに向かいマッサージをします。

最後にバストの乳腺を刺激するようにさすります。手のひらを下にしてバストの下に手を置いて、そこから反対側の乳房に向かい優しくさすります。これを左右交互8の字になる感じで10回ずつします。

口コミなどはすぐに効果を感じるよりも、やはり継続して続けたほうが効果を感じやすいようです。マッサージするときには、バストアップジェルを使いましょう!バストアップジェル「セルノート」は、確実にバストアップし、バストにハリ・ツヤ・潤いを与えてくれると人気です。

成功するにはほかにも日常生活にポイントがあります。まず体を冷やさないようにすることです。

バストアップは体を冷やさないことが大切で、体が冷えると毛細血管が縮んで血行も悪くなります。

血行が悪くなると栄養が行き届きにくくなって、老廃物や毒素の排出もされにくいので新陳代謝が悪くなります。

体を冷やさないようにするには、温かいお湯にしっかりとつかることや食べすぎをしないこと、温かい飲み物を飲んで首や足首、手首を温めるなど、少し生活習慣を改善するだけでよくなります。

少しでも効果を高めるために体を冷やさないように普段の生活でも注意すると良いです。

また、サイズのあった下着を身に着けることも重要です。サイズが合わないでバストが浮いてしまうと動くたびにバストがゆれてしまい、バストを支えているクーパー靭帯が損傷する可能性があってこれが伸びると胸がたれてしまいます。

アンダーがきつすぎるとリンパの流れを阻害するので老廃物がたまり易くなり、血流も悪くなってバストアップに欠かせない女性ホルモンや栄養素が行き届きにくくなります。

長時間下着はつけるものなのでサイズのあったものをつけないと、せっかく行なっても効果が軽減します。

バストアップ効果の高い食べ物を食べるのも効果的です。

大豆は大豆イソフラボンという女性ホルモンに似た働きをする、植物由来のエストロゲンがたくさん含まれています。

エストロゲンは女性らしい体になるには欠かせないホルモンで、大豆エストロゲンを摂取することで女性ホルモンの代わりに作用してくれて肌をきれいにしたり、バストアップ効果も期待できます。

納豆や豆乳、豆腐など日本食にはたくさん使われているので、毎日でも食べやすいですし続けやすいです。

ほかにも育乳マッサージの効果をより感じたいときには、バストアップサプリを一緒に使うのも良いです。

有名な成分だとプエラリア・ミリフィカというのがあって、これは女性ホルモンに似た働きをする植物エストロゲンで大豆にもこの成分は含まれています。

バストアップジェル「セルノート」にも女性ホルモンの働きを高める成分「プエラリア・ミリフィカ」が含まれているため、胸に塗るだけで簡単に魅力的なバストへと導いてくれます。

 

バストアップ方法の一つであるマッサージの効果

 

バストアップしたいという場合には、美容クリニックなどで行なわれている豊胸手術が一番確実にバストアップすることのできる方法です。

しかし、この方法では費用がかかってしまったり、失敗などをしてしまうリスクが伴います。リスクがなく、安全にバストアップしたいという場合にはセルフケアが有効です。

バストアップ方法には、様々なものがあります。規則正しい生活でホルモンバランスが整っていることが前提で、バストアップに効果的な食材を積極的に摂るようにしたり、胸を大きくする効果のある女性ホルモンの分泌を促したり、女性ホルモンに似た働きのする成分の入ったサプリメントを利用する、正しいサイズの下着を正しく身につける、胸の土台となっている大胸筋を鍛えることも有効です。

また、手軽に行えるバストアップ方法として人気なのがマッサージによるケアです。

マッサージをすることによって、胸に溜まっている老廃物をスムーズに除去することができるようになり、血行が良くなることで女性ホルモンや栄養を胸に送りやすくなります。

女性ホルモンや栄養が行きやすくなることによって、バストアップに必要な胸の乳腺の発達を促すことができます。バストアップクリームで人気なのは「ラ・シュシュ」です。

バストアップマッサージは簡単です。入浴後などの体が温まった状態は血行が良くなっているため、老廃物が流れやすくなると考えられています。

始める前にはコップ一杯の水を飲むことでリンパが流れやすくなります。まず、肌に負担をかけないために美容オイルやクリームなどを塗った後、手をバストの内側から外側に滑らせていきます。

胸の谷間から胸の下、脇の方へ円を描くように行います。左右10回程度を目安に、脇の下にあるリンパも意識します。

次にバストの下からすくい上げるように左右の手で交互に上へと持ち上げます。これも左右10回行います。

最後にバアストップから顎の下までを下から上に向かってリンパを流していきます。左右10回を目安に行います。

また、ツボを押してマッサージするのも効果的です。バスト周辺の血行や代謝を促す効果のある膺窓は乳頭と鎖骨の中間ほどにあるツボです。

蒸しタオルなどで温めて血行を良くした後に、刺激するとバストアップ効果が得られます。押し方としては、人差し指と中指を揃えて押すと良いとされています。

このツボと一緒に押すと効果的なのがおくえいというツボです。膺窓よりも肋骨1本ほど上にあるツボで、この二つのツボを一緒に刺激することによって女性ホルモンの働きが活発になり、胸の血行が良くなります。

乳頭のライン上にあるバストと胸部の境目、乳房の輪郭線の脇にある天渓は乳腺を刺激する効果があり、バストラインを整える効果があります。骨と骨の間にあるため少し痛みがありますが、左右のツボを同時に下から押し上げるように押すと効果的です。

リンパの流れを良くするには、中府が良いとされています。リンパの流れが良くなることによって栄養が回りやすくなるためバストアップにつながります。

女性ホルモンに有効なツボは背中にもあります。上背部の後正中線上の第3胸椎きょく突起の下のくぼみある身柱というツボで、女性ホルモンに働きかけるだけではなく、新陳代謝を向上させてダイエット効果を得ることができるとされ知恵ます。

女性ホルモンの分泌を促すには、お腹にあるツボも有効となります。ヘソから指2?3本分外側にある天枢というツボは、内臓全般の働きを活性化させることができ、ホルモン分泌を促すだけではなく、刺激することによって便秘などを改善することにもつながります。

バストアップ方法には様々あものがあります。

特にマッサージは様々な方法があり有効な方法ですが、あまり強い力でやってしまうと逆にリンパの流れが悪くなってしまうことも考えられるため、気持ちが良い程度の力でマッサージを行うことが大切です。

また、肌にダメージを与えるのも胸が垂れ下がってしまう原因となってしまうことから、肌に潤いを与えるために保湿ケアのできるクリームやオイルを利用するのも良いとされています。

バストアップクリーム「ラ・シュシュ」は、胸を大きくする成分の他にも豊富な美容成分や保湿成分が含まれているため、サイズアップ以外にもいろんな効果が期待できます。

また、ツボを押す場合もまり強い力でやってしまうのもリンパが悪くなってしまう原因の一つになります。ツボを押す場合にはいた気持ちい程度の力で行っていきます。

胸を大きくするためには、まず生活を整えることが重要となります。

しっかりした睡眠をとるようにして規則正しい生活を行い、食事もバストアップにつながる鶏肉などのタンパク質を摂るようにし、女性ホルモンに似た働きのする豆乳などバストアップにつながる食材をバランス良く摂取していくことが大事です。

運動はバストアップに効果的な体操など様々なものがあるため、自分にあった長く続けられる運動を行います。

下着のサイズも合っていなければ胸に負担がかかってしまうことになるため、自分のサイズにあったものを手に入れて正しい方法で身につけるなど、毎日ケアしていくことがバストアップには必要です。

 

毎日の小さな努力で簡単に胸を大きくなる方法

 

胸が小さいとファッションを思いっきり楽しむことが出来なかったり、人目を気にしてしまうこともあります。

友達や彼氏などと温泉や海水浴などに行くのは恥ずかしいと感じるなど、胸が小さいと様々な悩みを持つことになるようなことがあります。

そんな胸がコンプレックスでも毎日努力することで、大きくてハリのある胸を手に入れることが出来ます。

自宅に居ながら簡単に出来たり、外出先などどこでも出来る方法などがあります。

自分に合った方法を選んで、少しずつでも大きくなる方法を実践することが大切です。

胸も体重と同じように身長に対して理想的とされているサイズがあり、黄金比を参考にしながら計算することが出来ます。

身長に0.54を掛けることで、自分の理想のサイズを知ることが出来ます。身長が160センチならこの数字に0.54を掛けると、86.4センチとなります。

理想とされているサイズよりも自分の胸が小さいときには、このサイズを目指してバストアップすると美しいサイズに近づくことが出来ます。

この計算方法で出た数字が自分のサイズよりも小さく、理想とされているサイズよりも大きいことが分かったときには弾力やハリが出る方法を実践するようにします。

大きさをある程度保ちながら、綺麗なシルエットのバストを作りやすくなります。

胸を大きくする方法で今すぐにでも出来るのが、睡眠時間を確保することです。胸を大きくするためにも最も重要な部分で、とてもシンプルな方法です。

胸が大きくなるのは成長ホルモンの影響を受けることで、成長ホルモンがきちんと分泌されると胸が大きくなりやすくなります。

成長ホルモンのほとんどは睡眠中に分泌されるので、十分に分泌させるためにも毎日しっかり睡眠時間を確保するようにします。

最低限必要となる睡眠時間は7時間以上とされていて、特に思春期から25歳前後まで分泌量がピークになります。

この年齢層の女性はまだまだ胸が成長する可能性があるので、夜更かしをしないで十分な睡眠をとるようにします。

もちろんこの年齢層以外の女性も、成長ホルモンをしっかり分泌させるために睡眠時間には注意するようにします。

入浴するときにはシャワーではなく、湯船に浸かることも日ごろから出来るバストアップの方法です。

お風呂は身体を温めるだけでなく、胸の成長に必要な血行を改善します。欠航が改善されるとその分多くの栄養が胸に行きわたり、バストアップに繋がります。

湯船に浸かることで身体を緊張させていた交感神経から、リラックス効果がある副交感神経へとスイッチを切り替えてくれます。

副交感神経が優位になると女性ホルモンの分泌を促して、結果的におっぱいを大きくすることが出来ます。これまで湯船に浸からずシャワーだけだった人は、湯船に浸かる習慣を身に付けるようにします。

お湯の温度は40度前後にして、ゆったり浸かることが大切です。ストレスを溜めないことも大切なポイントで、ストレスが溜まっていると身体の交感神経が優位になってしまいます。

湯船に浸からないときと同じように緊張状態が続いてしまうので、胸を大きくすることを妨げてしまうことがあります。女性ホルモンの分泌も妨げてしまうので、適度にストレス解消をするようにします。趣味や旅行などを積極的にして、気分転換をしてストレスを解消するようにします。

毎日の食事でもバストアップをすることができ、食べ物を使ってサイズを少しでも理想のサイズに近づけることが出来ます。

胸を大きくして女性らしいラインを作るのが、女性ホルモンです。女性ホルモンが十分に分泌されると胸にハリが生まれたり、豊かになります。胸だけでなく肌や髪の毛も美しくなり、自律神経のバランスも整えてくれます。

ですがこの女性ホルモンは年齢を重ねるごとに減少傾向にあるので、それを補うためにも積極的に大豆イソフラボンを摂取するようにします。

大豆イソフラボンが含まれている食材として代表的なものは大豆で、大豆に含まれている大豆イソフラボンには女性ホルモンと同じような働きをしてくれる効果があるとされています。

大豆にはアミノ酸も含まれているので、筋肉を作る効果も期待することが出来ます。胸の筋肉が増えるとサイズアップに繋がったり、垂れにくいバストを作ることが出来ます。

大豆が使われている納豆や味噌、豆腐やおからなどの食材を積極的に摂るようにします。女性ホルモンの分泌を助けるものには、ハーブがあります。カモミールやセージなど、身近なハーブで女性ホルモンの分泌を助けることが出来ます。

また身体の細胞を作り出すことが出来るタンパク質も欠かせないので、タンパク質が豊富に含まれている食材も積極的に摂取するようにします。

豚肉や鶏肉、赤みのお肉や魚、卵や牛乳などもいつもの食事に取り入れます。タンパク質が不足してしまうと胸の成長を妨げたり、筋肉や肌を劣化させてしまうこともあります。

大切な栄養素の一つなので、バストアップを目指しているときには食べるようにします。特に豚肉にはビタミンBが豊富に含まれていて、代謝を活発にしてくれます。